2018年2月14日

読影支援技師認定制度規則の一部改訂(小腸CE読影支援技師の更新)について

このたび、日本カプセル内視鏡学会 読影支援技師認定制度規則を一部改定を行いましたのでご連絡いたします。

改定内容につきまして、「小腸CE読影支援技師の更新期間」が新たに追加となりました。

 

 

 

読影支援技師認定制度規則(抜粋)

———————————————————————————————————————————————–

第6章 小腸CE読影支援技師資格の更新

第15条

小腸CE読影支援技師資格は4年毎に更新しなければならない。

更新を申請するにあたっては次の書類を本学会理事長宛に提出する。

1) 小腸CE読影支援技師資格更新申請書

2) 本学会準学会員証明書(資格認定日から継続して本学会準会員であること)

3) 本学会が実施する小腸カプセル内視鏡eラーニング受講修了証(写)

(あるいは教育講演会の受講修了証(写))

4) 本学会員の指導の下、小腸用カプセル内視鏡検査の画像診断支援を年間10症例以上経験したことを記した実績証明書

なお、正当な理由で資格の更新ができない旨をJACE理事長に届け出た場合は認定技師制度委員会の議を経て2年間まで更新の保留ができる。