学術集会

今後の開催予定

第11回日本カプセル内視鏡学会学術集会

日時: 2018年2月10日から2017年2月11日まで 全日
場所: 京王プラザホテル
住所: 〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1 Tel. 03-3344-0111(代表)
世話人: 会長:樋口 和秀(大阪医科大学)

過去の開催履歴

第10回日本カプセル内視鏡学会学術集会

日時: 2017年2月18日から2017年2月19日まで 全日
場所: 名古屋国際会議場
住所: 〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号 TEL 052-683-7711(代表)
世話人: 会長:福田 眞作(弘前大学医学部附属病院 病院長)

第9回日本カプセル内視鏡学会学術集会

日時: 2016年2月27日から2016年2月28日まで 全日
場所: 京王プラザホテル
住所: 〒160-8330 東京都新宿区西新宿2-2-1 Tel. 03-3344-0111(代表)
世話人: 会長:中村 哲也(獨協医科大学医療情報センター長・教授)

第8回日本カプセル内視鏡学会学術集会

会長:春間賢 川崎医科大学消化管内科 教授
事務局長:塩谷昭子 川崎医科大学消化管内科
日時:平成27年2月15日(日) 8:55〜17:10
会場:京王プラザホテル(〒160-8330東京都新宿区西新宿2-2-1)
テーマ:実地医療におけるカプセル内視鏡-皆で学ぼう正しい適応、正確な診断-

第7回日本カプセル内視鏡学会学術集会

会長:松井敏幸 福岡大学筑紫病院 消化器内科 教授
日時:平成26年7月27日(日)09:00〜17:00
会場:シェーンバッハサボー(東京都千代田区平河町2-7-5)
テーマ:カプセル内視鏡を用いた小腸潰瘍の診断
招待講演:Jonathan A. Leighton, M.D.
Division of Gastroenterology, Mayo Clinic, Scottsdale, Arizona,

第6回日本カプセル内視鏡学会学術集会

会長:高橋信一 杏林大学医学部第三内科 教授
事務局長:林田真理 杏林大学医学部第三内科
日時:平成25年7月28日(日) 09:00〜16:00
会場:都市センターホテル(東京都千代田区平河町2‐4‐1)
テーマ:カプセル内視鏡の未来を探る
招待講演:What has Capsule Endoscopy taught us?
Dr. Samuel N. Adler, Department of Gastroenterology, Bikur Holim Hospital, Jerusalem, Israel

第5回日本カプセル内視鏡学会学術集会

−カプセル内視鏡が切り拓く新たな世界−
会長:田尻久雄 東京慈恵会医科大学 内科学講座消化器・肝臓内科/ 内視鏡科 主任教授
日時:平成24年7月29日 (開始 9:00 〜 終了 17:05)
会場:THE GRAND HALL(品川)東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3F
主題演題テーマ:カプセル内視鏡の適応拡大と今後の課題
一般演題テーマ:臨床使用経験を広く募集します。
参加費:医師2,000円・コメディカル1,000円

第4回日本カプセル内視鏡研究会学術集会

会長:荒川哲男 大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学 教授
日時:平成23年7月24日(日)12:00〜17:30
会場:JA共済ビルカンファレンスホール
主題演題テーマ:今や常識、カプセル内視鏡:更なる普及に向けて
一般演題テーマ:様々な臨床使用経験を発表して頂きます。

第3回日本カプセル内視鏡研究会総会並びに学術集会

会長:後藤秀実 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器内科学 教授
日時:平成22年4月11日(日) 12:00〜17:00
会場:シェーンバッハ・サボー(砂防会館)
主題演題テーマ:「小腸出血性病変に対するカプセル内視鏡の適応と限界」
一般演題テーマ:臨床使用経験を広く募集します。

第2回日本カプセル内視鏡研究会総会並びに学術集会

会長:日比紀文 慶應義塾大学医学部 消化器内科 教授
日時:平成21年7月26日(日) 総会12:00〜12:20 ランチョンセミナー12:30〜1320 学術集会13:30〜17:00
会場:品川プリンスホテル メインタワー宴会場10階「大津」
主題演題テーマ:「小腸出血性病変に対するカプセル内視鏡の適応と限界」
一般演題テーマ:臨床使用経験を広く募集します。

第1回日本カプセル内視鏡研究会総会並びに学術集会

会長:坂本長逸 日本医科大学消化器内科 教授
日時:平成20年10月1日(水) 14:00〜17:00
会場:目黒雅叙園3階 カシオペア
主題演題テーマ:「出血を主訴とした小腸潰瘍性病変の診断」
一般演題テーマ:「カプセル内視鏡の日常臨床における有用性-保険収載から1年を振り返る-」