大腸カプセル内視鏡の有効性・安全性・受容性に関する多施設共同前向き研究

日本カプセル内視鏡学会支援
「大腸カプセル内視鏡の有効性・安全性・受容性に関する多施設共同前向き研究」

 

実施期間:
2016年7月~2019年12月31日

 

研究総括:
後藤 秀実(名古屋大学大学院医学系研究科 消化器内科学)
松井 敏幸(福岡大学筑紫病院 消化器内科)
研究事務局:
大宮 直木(藤田医科大学 消化管内科)

 

目的:
本研究の目的は大腸カプセル内視鏡の国内多施設共同研究により、大腸カプセル内視鏡の前処置・ブースタ別の全大腸観察率、大腸内視鏡所見との対比によりその有用性を検証する。また、偶発症、被験者アンケートにより安全性、受容性も検証する。

 

資料:

研究参加登録 案内リーフレット(pdf)
研究計画書(pdf)
説明文書(pdf)
同意文書(word)
同意撤回文書(word)
調査票(word)
検査後の患者アンケート(word)
倫理審査書類一式(pdf)

参考資料
承認書類(藤田医科大学)

 

〈研究参加のお申込み〉
※ 本研究に参加するにはIDとパスワードが必要です。
本研究事務局にお問い合わせください。

本研究事務局:藤田医科大学 消化管内科
e-mail: shokakan@fujita-hu.ac.jp
Tel: 0562-93-9240 Fax: 0562-93-8300